読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ

(注意:当面の間本記事はブログの最上段に表示されます)

 

【最終更新情報】※過去の更新履歴は記事の最後にまとめて記載しています。

2017/4/20

・「「鑑定団天目の真贋」について言及している新聞・雑誌・Webメディアの記事」に以下の記事を追加。

ネットで騒がれた「曜変天目茶碗」、国宝指定の品々が公開中 「息」のむ瑠璃色の小宇宙(2017/4/20)

 

 ******************************

2016年12月20日に放送されたテレビ東京の番組「開運!なんでも鑑定団」において、「4点目の曜変天目」と報じられた茶碗について、現在真贋騒動が持ち上がっていますが、それに関するネット上で閲覧可能な資料をまとめてみました。半分自分の覚書のようなものです。

ところどころ余計な筆者コメントがありますので、不要な方は読み飛ばしてください。

2017/1/30更新:

記事が長大になりましたので各項目を別記事に分割いたしました。本記事のリンクより各記事にリンクをしておりますので、そこからご参照ください。

また、本記事を拡散していただける場合は、この記事が親記事となりますので、

http://gachikibou.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/000000

にリンクをしていただくようお願いいたします。

 

【注意事項とお願い】

・本ブログ記事は拡散自由です。関連報道・情報のリンク集的にお使いください。

なお、拡散していただける場合は、親記事であるこの記事(http://gachikibou.hatenadiary.com/entry/2020/02/01/000000)にリンクをしていただくようお願いいたします。

・各記事の解説については不十分な点もありますので、必ず元記事を確認ください。

・もし私が見逃しているWeb上の記事などあるようでしたら、その旨ご連絡をいただけると大変助かります。お手数ですが関連URLなどを本記事コメント欄または私のツイッターアカウント(がち (@gachikibou) | Twitter)、メール(gachikibou@gmail.com)へお寄せください。

・誤字・脱字・記事の解釈間違い、リンク切れなどについても同様にお寄せください。

・もし私が見逃しているテレビ・ラジオ報道などがありましたら、当該番組名と、どのような内容だったかをお寄せいただけると助かります。

用語について:

本記事は以下の用語を使用しています。

鑑定団=テレビ東京の番組「開運!なんでも鑑定団

鑑定団天目=2016年12月20日、鑑定団にて「4点目の曜変天目」と中島誠之助氏に評価された天目茶碗

 

続きを読む

鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に対する反応への簡単なツッコミ その3

2016年12月20日放送されたテレビ東京の番組「開運!なんでも鑑定団」において、「国宝級の曜変天目」と報じられた茶碗(ここでは仮に「鑑定団天目」と呼ぶ)について、現在真贋騒動が持ち上がっています。それに対するTwitter上のツイートと某掲示板・まとめサイト上のいくつかのコメントに、私が勝手にツッコミを入れる、というだけの記事、その3です。

 その1とその2は以下を参照してください。



 

 

注意

・一部言葉がきれいでない場合がありますが、愚痴の範囲とご容赦ください。

・特定のどなたの発言であるかは言及していません。また、複数人のコメントをまとめている場合があります。

・簡潔な言葉でコメントすることに重点を置いています。詳細な反論をお聞きになりたい方はコメントをお寄せいただくか、以下のTwitterにご連絡ください。

https://twitter.com/gachikibou

 

【(長江氏の批判について)どうせ、売れない陶芸家の売名行為だろ】
長江惣吉氏は「売れない」のではなく、自分の作品を「売らない」のですが。
おそらく彼の「失敗作」でも出来が良いものなら、鑑定団天目程度の茶碗なら(控えめに見ても)百個以上買うことができる金額で売却可能でしょう。それでも売らないのは、「曜変天目の完全再現を成し遂げる」という信念があるからです。そういう人物を単なる「売れない陶芸家」扱いするのもいかがなものでしょう。ましてや、売名行為とみなすのは下種の勘繰りとしか言いようがありませんね。

 

 

【(長江氏の批判について)「第一人者様」である自分に鑑定を依頼しなかった意趣返しじゃないの?】
下種の勘繰りご苦労様です。あなたには「自分が人生をかけたものが貶められようとしているのを何とか止めたい」という人間の気持ちがわからないので、そのような考えしか湧かないのでしょうね。

 

 

【「ネット上の鑑定士様」が沸いてるなw素人は黙ってろよ】
素人でも異論が出るほどにおかしい鑑定だから発言が相次いでいるのですが。宝石店がガラス玉をダイヤと称して売っていたとしても、玄人しか発言してはいけないのでしょうか?ましてや評価した中島誠之助氏は、その道の専門家ではないのですが。

 


【古美術業界がグルになってる番組だからしょうがないw】
古美術業界であの番組を評価している人間は、私の知る限りかなり限られていますが。いろんな弊害も出ているのは以前から言われていることです。
そもそも、骨董業界がそんな統一行動とれるわけねーよ。

 


【鑑定団は「独自の見解に基づいて」鑑定しているんだから、文句言われる筋合いはない】
「テレビ局はたとえうそつき放題でも問題ない」と言いたいのですか?それならば「この番組の鑑定はフィクションです」とでも書いておくべきでしょうに。

 


【正式な鑑定結果ではなく、あくまでバラエティ番組なんだからそういうこともあり得るよね?】
世界に三つしかない「曜変天目」、文字通り日本の宝である「国宝」の名を、バラエティだからと言ってやすやすと使って良いのでしょうか?しかも、問題の茶碗自体は本物を語るにはあまりにかけ離れているものだというのに。

 


【人それぞれに曜変天目の基準があっていいんじゃない?】
いや、もうそこまで言うなら別の名前つけてくれませんかね。「中島天目」とか。「俺はこのガラス玉をダイヤと呼ぶぜ!」と周囲に言いふらすくらいなら無害ですが(ただしおかしい人だとは思われるだろう)、プレスリリースまでした後テレビで世間に公表し、「国宝級」とか言ってる時点で「人それぞれ」の範疇を超えてるでしょうが。

 


【茶碗の真贋より、日本国憲法の真贋が大事なのに】
もはや意味不明。

 

 

【自称専門家を支持していた連中は古美術には生涯手を出さない方がいい。審美眼無いから美術館にでも行って本物を見たら?日本人は権威に弱い】
そのお言葉、中島誠之助氏の鑑定をうのみにしているあなたにそっくりお返ししますね。

 


【自称研究家は模様の部分の中心に鉛系の発色剤を置いてみたりとか色々アプローチしてたが、やはり1種類の釉薬でああいう模様が出来てるって聞かされて、親子2代での研究は何だったの的な】
あなたの言っているのは長江惣吉氏の製法ではないんですが。長江氏が目指していたのはまさに一種類の釉薬で曜変を出すことですよ。このような不確かな情報で人を判断することは実に愚かだと思いませんか?

 


【難癖つけた人表に出てきたら?】
少なくとも私は放映直後から一貫して「あの茶碗は曜変天目でない」と主張しており、別に隠れてもいません。何かご質問があればどうぞご連絡を。

https://twitter.com/gachikibou

 

 

【たとえ本物でも、質によって値段はピンキリなんだよなぁ】
いや、キリでも1億越え確実なんですが。というか、曜変であればキリとかありえないんですが。なぜあまりご存じないことをさも知っているかのようにつぶやくのでしょうかね。

 

【贋作だなんだって騒いでいるツイッターの骨董マニアがみんなプライド高くて頭でっかちな印象。自分の非を認められないんだろうな】

ほかの人は知りませんが、私はなぜ「曜変天目でない」と考えているかは、聞かれれば説明いたしますし、あの茶碗が曜変天目であることを「鑑定団がそう鑑定したから」以外の論拠を示してくだされば、たとえ自分の見解と違っても尊重しますよ(残念ながらそういう人はいままで一人もいませんでしたけど)。それを「頭でっかち」というなら、もう何も言うことはありません。

 


【長江惣吉なる男が金も稼がず奥さんに苦労をさせているという一点でこいつは信用ならん】
それと茶碗の真贋にどういう関係があるのか全く不明なのですが。過去に詐欺事件を起こした、とかいうならともかく。

 


【自称専門家、実物を見ずに反論してる姿を見るに、定義の自分ルールが出来てしまって拗らせてる気しかならない。本当は自分達が発見者になりたかったためにこじらせてるんだろうけど】
鑑定団と中島誠之助氏の曜変天目の「定義」が自分ルールではないと?あの番組はそうだと判断する根拠を全く示していないか、知識が見当違いも甚だしいのですが。

「鑑定団天目」真贋騒動に関連する情報まとめ ◎「開運!なんでも鑑定団」の過去の誤鑑定に関する情報

【注意事項とお願い】

・この記事は、【鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】からの分割記事です。初めて来られた方は、まず上記リンクの注意文をお読みになってから本記事をお読みください。

・本記事を拡散していただける場合は、親記事である鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】にリンクをしていただくようお願いいたします。

・もし私が見逃しているWeb上の記事などあるようでしたら、その旨ご連絡をいただけると大変助かります。お手数ですが関連URLなどを本記事コメント欄または私のツイッターアカウント(がち (@gachikibou) | Twitter)、メール(gachikibou@gmail.com)へお寄せください。

・誤字・脱字・記事の解釈間違い、リンク切れなどについても同様にお寄せください。

 

【最終更新情報】※過去の更新履歴は記事の最後にまとめて記載しています。

2017/1/30

・本記事を分割。

 

 

 ◎「開運!なんでも鑑定団」の過去の誤鑑定に関する情報

※今回の真贋問題に直接関係はありませんが、なんでも鑑定団で過去に起こった誤鑑定の、Web上で詳細が確認できる情報をまとめました。

続きを読む

「鑑定団天目」真贋騒動に関連する情報まとめ ◎曜変天目に関する参考資料

【注意事項とお願い】

・この記事は、【鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】からの分割記事です。初めて来られた方は、まず上記リンクの注意文をお読みになってから本記事をお読みください。

・本記事を拡散していただける場合は、親記事である鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】にリンクをしていただくようお願いいたします。

・もし私が見逃しているWeb上の記事などあるようでしたら、その旨ご連絡をいただけると大変助かります。お手数ですが関連URLなどを本記事コメント欄または私のツイッターアカウント(がち (@gachikibou) | Twitter)、メール(gachikibou@gmail.com)へお寄せください。

・誤字・脱字・記事の解釈間違い、リンク切れなどについても同様にお寄せください。

 

【最終更新履歴】※過去の更新履歴は記事の最後にまとめて記載しています。

2017/2/11:

・「◎曜変天目に関する参考資料」に「名刀幻想辞典」を追加。 

 

曜変天目に関する参考資料 

※Webで閲覧可能なもののみ載せております。

※ 以下は時系列順紹介でないのでご了承ください。

※この項はまだ不完全ですので、近日中にアップデートいたします。

続きを読む

「鑑定団天目」真贋騒動に関連する情報まとめ ◎「鑑定団天目の真贋」に言及している個人の文章・動画

【注意事項とお願い】

・この記事は、【鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】からの分割記事です。初めて来られた方は、まず上記リンクの注意文をお読みになってから本記事をお読みください。

・本記事を拡散していただける場合は、親記事である鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】にリンクをしていただくようお願いいたします。

・もし私が見逃しているWeb上の記事などあるようでしたら、その旨ご連絡をいただけると大変助かります。お手数ですが関連URLなどを本記事コメント欄または私のツイッターアカウント(がち (@gachikibou) | Twitter)、メール(gachikibou@gmail.com)へお寄せください。

・誤字・脱字・記事の解釈間違い、リンク切れなどについても同様にお寄せください。

 

【最終更新情報】※過去の更新履歴は記事の最後にまとめて記載しています。

2017/2/11:

・「「鑑定団天目の真贋」に言及している個人の文章・動画」になんでも鑑定団「国宝級・4点目の曜変天目茶碗発見」の疑問点まとめ - NAVER まとめ を追加。

 

◎「鑑定団天目の真贋」に言及している個人の文章・動画

Youtubeによくあるネット上の情報を文字でまとめただけの動画は何の役にも立たないので含めていません。

続きを読む

「鑑定団天目」真贋騒動に関連する情報まとめ ◎テレビ・ラジオでの報道

【注意事項とお願い】

・この記事は、【鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】からの分割記事です。初めて来られた方は、まず上記リンクの注意文をお読みになってから本記事をお読みください。

・本記事を拡散していただける場合は、親記事である鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】にリンクをしていただくようお願いいたします。

・もし私が見逃しているWeb上の記事などあるようでしたら、その旨ご連絡をいただけると大変助かります。お手数ですが関連URLなどを本記事コメント欄または私のツイッターアカウント(がち (@gachikibou) | Twitter)、メール(gachikibou@gmail.com)へお寄せください。

・もし私が見逃しているテレビ・ラジオ報道などがありましたら、当該番組名と、どのような内容だったかをお寄せいただけると助かります。

・誤字・脱字・記事の解釈間違い、リンク切れなどについても同様にお寄せください。

 

【最終更新情報】※過去の更新履歴は記事の最後にまとめて記載しています。

2017/1/30:

・本記事を分割。

 

◎テレビ・ラジオでの報道

※新聞・Webメディアの情報はこちらの記事を参照してください。

続きを読む

「鑑定団天目」真贋騒動に関連する情報まとめ ◎「鑑定団天目の真贋」について言及している新聞・雑誌・Webメディアの記事

【注意事項とお願い】

・この記事は、【鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】からの分割記事です。初めて来られた方は、まず上記リンクの注意文をお読みになってから本記事をお読みください。

・本記事を拡散していただく場合は、鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】にリンクをしていただくようお願いいたします。

・もし私が見逃しているWeb上の記事などあるようでしたら、その旨ご連絡をいただけると大変助かります。お手数ですが関連URLなどを本記事コメント欄または私のツイッターアカウント(がち (@gachikibou) | Twitter)、メール(gachikibou@gmail.com)へお寄せください。

・誤字・脱字・記事の解釈間違いなどについても同様にお寄せいただけると助かります。

 

【最終更新情報】 ※更新履歴は記事の最後にまとめて記載しています。

2017/4/20

・「「鑑定団天目の真贋」について言及している新聞・雑誌・Webメディアの記事」に以下の記事を追加。

ネットで騒がれた「曜変天目茶碗」、国宝指定の品々が公開中 「息」のむ瑠璃色の小宇宙(2017/4/20)

 

※テレビ、ラジオでの情報はこちらの記事を参照してください。

続きを読む