読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「鑑定団天目」真贋騒動に関連する情報まとめ ◎第一報

曜変天目 鑑定団天目 開運!なんでも鑑定団

【注意事項とお願い】

・この記事は、【鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】からの分割記事です。初めて来られた方は、まず上記リンクの注意文をお読みになってから本記事をお読みください。

・本記事を拡散していただける場合は、親記事である鑑定団で発表された「四つ目の曜変天目(鑑定団天目)」の真贋騒動に関連する情報まとめ】にリンクをしていただくようお願いいたします。

・もし私が見逃しているWeb上の記事などあるようでしたら、その旨ご連絡をいただけると大変助かります。お手数ですが関連URLなどを本記事コメント欄または私のツイッターアカウント(がち (@gachikibou) | Twitter)、メール(gachikibou@gmail.com)へお寄せください。

・誤字・脱字・記事の解釈間違い、リンク切れなどについても同様にお寄せいただけると助かります。

 

【最終更新情報】※過去の更新履歴は記事の最後にまとめて記載しています。

2017/1/30:

・本記事を分割。

 

 

◎第一報

※新聞報道は一部新聞のもののみ含めています。

 

「番組始まって以来 最大の発見!」鑑定士・中島誠之助も驚愕のお宝がスタジオに出現!!【開運!なんでも鑑定団】 | テレ東からのお知らせ : テレビ東京(2016/12/20)

テレビ東京のプレスリリース。

「鑑定中お宝をつぶさにチェックした鑑定士・中島誠之助は、「鑑定団始まって以来、最大の発見!」と断言。」
「今まで存在しないとされていた4点目の曜変天目茶碗がスタジオに出現したことになります!」

と鑑定団天目が4点目の曜変天目であると断言している。

魚拓

筆者コメント:

注目は番組プロデューサーである岡田英吉氏のコメント。

「ぜひその喜びと興奮をお茶の間の皆様にも一緒に味わっていただきたいと思います!」が今となっては白々しい。

 

天目茶碗|開運!なんでも鑑定団|テレビ東京(2016/12/20)

鑑定結果を伝える番組のページ。鑑定額と鑑定内容が読める。鑑定士総評は本放送放映時の中島誠之助氏のコメントとほぼ同じ。

筆者コメント:

鑑定士総評に中国史と日本史の基礎的な知識(中学高校レベル)があれば気が付く矛盾が含まれているのだが、だれも止めなかったのだろうか?中国の南宋王朝は1279年に滅亡しているが、室町幕府の祖である足利尊氏征夷大将軍になったのは1338年なのだが。年代ぐらいググれ。

南宋 - Wikipedia

室町幕府 - Wikipedia

 

国宝級の曜変天目茶碗か テレ東の鑑定番組で発見 :日本経済新聞(2016/12/20)

テレビ東京を設立し、また同テレビ局の親会社であるテレビ東京ホールディングスの株主でもある日経新聞の記事。

筆者コメント:

さすがに断定はしていない。

 

4点目の曜変天目か 驚きの声続々【徳島ニュース】- 徳島新聞社(2016/12/21)

所有者の地元徳島の新聞記事。県埋蔵文化財センターの福家清司理事長の驚きの声、四国大学の須藤茂樹准教授の「非常に興味深い」との声を掲載。

 

以下随時追加します。 

 

【更新履歴】誤字等の細かな修正履歴は割愛します

2017/1/27:

・記事を公開。

 

2017/1/30:

・本記事を分割。